ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 今日は休足日

今日は休足日 

IMGP6135_R.jpg

ベトナムからサワンナケートへの9号線、ビエンチャンへの13号線。
道路、橋、学校とやり過ぎだろってくらいに日本はラオスを援助している。

ラオスだけじゃなくベトナムやカンボジア、インドネシア、東ティモールでも目にしてきたし、自分の知らないところでまだまだ多くの援助がされているのだろうと思う。
しかし本当に援助が好きな国だ。

IMGP6254_R.jpg

他国による援助はたまに見る程度で大半が日本によるもの。
あまり税金を払っていないけど非常に誇らしく思う。
アジアの仲間だし、助け合いは大事です。


こういう援助がされているのは基本的に旅行者など訪れないような田舎が主で、歩いているからこそ知る事ができたのだけど、ラオスの首都ではやたらと目にする事ができる。



ビエンチャンの市内バスは全て日本からの援助によるもので、車体に日の丸がついたまだ新しいバスが街を走っている。
"From the people of Japan"と車体にあるけど、こんなバスがラオスの首都を走り回っている事を知っているのは日本国民の0.1%もいないんじゃなかろうか。


経緯など全く知らないけど、橋や道路ならともかくバスまで支援する必要はあるのかというのが正直な感想。
実際に何台支援しているか分からないけど、街を歩いていて何度も目にするくらいの台数です。ちなみに車種はイスズ。

IMGP6552_R.jpg

今朝は散歩がてらお寺へ行ってみた。
ビエンチャンの見所としてガイドブックに載っている多くのお寺は入場料を取られるけど、唯一無料のお寺。

IMGP6560_R.jpg

お坊さんが念仏を唱えながら腕に糸の束を巻いてくれる。
現地人やタイ人に混じって便乗。

IMGP6555_R.jpg

腕に糸を巻いていただいた後は聖水みたいな水をかけられる。
皆手を合わせて祈っていたので、それと同じ様に手を合わせ祈る。


その後は心づけを少々。
タイ人は100バーツ(300円くらい)、多い人は500バーツも置いていたけど、20円くらいしか置けなくてすいません。

宿への帰路、腕に巻いていただいた白い糸の束を見ながら「20円で果たしてご利益があるのか」と考えてみる。
しかし神様はそんなちっぽけな方ではないだろうと思った直後、サンダルの鼻緒が切れた。

まあ無事に日本へ帰国できたらそれでいいです。
あとできたら中国の大気汚染をどうにかしてください。お願いします。

IMGP6583_R.jpg
IMGP6605_R.jpg

さらにビザ受け取りの前にビエンチャンのシンボル・パトゥーサイへ。

IMGP6689_R.jpg

そして夕陽が沈み、1日が終わる。
今日はなかなか充実した1日でした。
さようなら今日。

ビエンチャンも明日でさようならです。