ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 今年1番の感動

今年1番の感動 

IMGP5022_R.jpg

昨日、今日と珍しく観光をしてみたので適当に写真を載せてみる。
「考えていたよりは良い所」なんて前回はややひねくれた褒め方をしてしまったけど、大絶賛しておこう。

まさかおすすめの観光地として桂林を挙げる事になるなんて思っていませんでした。
カナディアンロッキー以来、久々に心が揺さぶられた。



IMGP4904_R.jpg

1日目。
桂林観光のハイライトはボートや筏で川を下るというものらしいけど、そこまでの意欲もお金もないので自転車で回った。

IMGP4893_R_20130505022645.jpg

筏下り。

IMGP4932_R.jpg

外国人旅行者以上に中国人旅行者が多く、かなりの数の筏が川を行き来している。

IMGP4847_R.jpg

川幅は30メートル程だけど、橋がない所があり、そこは筏で渡る。

IMGP4832_R_20130505022642.jpg

筏の上から。
おばちゃんの言い値は20元だったけど、このわずかな川幅に20元は高過ぎるだろと、考え込んでいたら値切るまでもなく10元にディスカウントしてくれた。

IMGP4821_R.jpg

中国を代表する景勝地ではあるが、人々の生活圏内にあり、自転車でいくつもの村を走り抜けた。

IMGP4984_R.jpg

2日目は徒歩でした。
とても良い雰囲気の古い町並み。
ここは旅行者がそれ程多くないのでのんびりとした所だった。

IMGP5076_R.jpg

よく見かける中国らしい光景。
皆お金を賭けています。

IMGP5029_R.jpg

どやっ。
これを絶景といわず何と呼べばよいのか。
基本観光はしないし、感動もあまりしない人間だけど、ここは本当に良かった。

※追記 日本人の方が頂上への道を整備されたのだと知り合いから教えてもらった

IMGP5038_R.jpg

逆側。
ついさっきまでいた町を見下ろす。

IMGP5102_R.jpg

宿で隣のベッドのスイス人と偶然にも遭遇。
自分と同じく川沿いのハイキングコースを歩きにきたとの事。
途中3ヶ所、渡し舟で川を渡る必要があり、一緒に川を渡る。

しかしなぜかぼくだけ道を間違えてしまい、その後スイス人と会う事はなかった。
せっかくの休養日なのに、結局5時間も歩き続けた。