ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 湖南省入り

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖南省入り 

IMGP5281_R.jpg

ベトナムやラオスの北部は今が雨季であり、ベトナムと国境を接する広西チワン族自治区も雨の日が多い。
雨から逃れるべく北上、東進してきたけど、陽朔を出てからの4日間は連日、雨に見舞われてしまう。


最近では起床後にまず空を見上げ、天気を確認する事が日課となった。
3日目、4日目は朝から雨でうんざり。

IMGP5302_R.jpg

特に3日目なんて各地に水害をもたらし、ニュースでも報道されたくらいの激しい雨で、ぼろいけど居心地の良い旅社に延泊する事も考えたくらいだった。

結局出発は遅れたけど、雨が弱まった一瞬を見逃さず、荷物を階下へ運ぶ。
しかし弱まったのは本当に一瞬で、リヤカーに荷物を載せていたらまた激しく降り始めた。

休むべきだったと歩きながら思ったけど、そんな事は歩き始めたら今更何をという感じで、もう歩くしかない訳で、バイクの中国人が雨宿りするのを横目に強雨の中を6時間歩き続けた。

IMGP5322_R.jpg

「また雨か、ふざけんな」と思い、始まった4日目は湖南省入り。
前日程の強さはないけど、雨に打たれること10時間。

今履いている靴はゴアテックス加工されていない。
またベトナムから約5千キロを歩き続け、まだ穴は開いていないけど、右の靴底がひび割れており、雨水がどんどんと入り込んでくる。
ちなみに3日目から靴下を新しいものに換えたかったけど、雨ですぐに濡れるのは分かっていたので、濡れた同じ靴下を履き続けた。途中で新しいものに履き替える事もしない。


過去3日は最長6時間程度の雨で、濡れた靴下も歩いているうちに体温で乾いたものだが、12時間濡れた靴下と靴を履き続けるというのはとても不快で、歩行後に靴下を脱げば、ひどい状態になっていた。

臭いのはいつも通りだけど、足はふやけ、指と指の間は赤くなり、ヒリヒリと痛み、歩行に支障。あと風邪も引きました。

IMGP5367_R_20130512192124.jpg

5日目、6日目は一転して快晴、ようやく靴下を換える事ができたけど、右足の状態は良くなく、完治まで時間がかかりそう。
右足をかばって歩けば、別の箇所に痛みが出てくるので、多少痛くてもいつも通りの歩行を心がけている。歩く分には全く問題なし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。