ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 打ちのめされて瓜州

打ちのめされて瓜州 

打ちのめされております。

地図を見て無人の荒野、砂漠がある事を予測できても、そこで吹き荒れる強風まで予測できるはずもなく。
台風接近を思わせるような強風に苦しむ日々。

幸いにも追い風ながら、毎日何時間もその風を浴びれば確実に体力を奪われてしまうわけで。
道脇に座っての昼食中、砂と共に襲いかかってくるわけで。

「風よ止め」と唱える日々。

そして1日の中で最も苦労するのがテント設営時。
酒泉からの7日間、その大半をテントで過ごす事になったものの、
吹き荒れる強風に設営途中のテントは飛ばされ、テントポールは曲がり、散々な目に遭わされている。

IMGP4851_convert_20090406112940.jpg

打ちのめされております。

地図を見れば太い赤字で線が引かれ、さぞや立派な道があると思いきや、実際は車1台が通れる程の狭い道。

その狭い道の片隅を歩く訳なのだけど、もちろんそこを車も通る。
普通車ならまだしも、恐らくは新疆へと運ばれる新車のトラックが何台も隊列を組んで、わざわざこの狭い道を通る。
1日に何台も何台も、連日。

で、このトラック共が背後からクラクションを鳴らすわけです。

「ブーブーブー」と。
「道を空けやがれ」と。

このやかましいクラクションを聞く度に道を空けてもキリがなく、無視して歩くのだけれど、舗装路を外れたトラックの片輪が巻き上げる砂埃が半端ない。
ブワーっと舞い上がる砂煙、背後から何台もトラックが来て、同じ様に砂埃を巻き上げていくんだからたまったものではない。
1日に何度も何度も、連日。

横を見れば並行して走る高速道路。

「お前ら、高速使えや」とぼやく日々。

IMGP4767_convert_20090406112412.jpg

食料尽き、しけたビスケットで空腹をしのぎ、思い切り手を振ったにも関わらず欧米人サイクリストに無視されたりと、色々あったものの何とか到着した瓜州、辿り着いた瓜州。

ようやく辿り着いたオアシスで待ち受けていたのは宿泊拒否の連続。
どうやら外国人が泊まれる宿は限られている様。
中国人を装い、チャイニーズスマイルで「1泊いくら?」と尋ねても、「身分証を見せろ」と一蹴されてしまう。
そして紹介されるのが生活費数日分にもあたる立派な賓館。
そんな所には泊まれません。

風に疲れ、砂に疲れ、宿探しに疲れ。
瓜州にて1日休足決定。
しっかりと休養し、英気を養い、再び荒野へと戻る事にします。



IMGP4901_convert_20090406113008.jpg
<写真>
かなり分かりづらいけど、遥か遠くに見える瓜州。
遮るものが何もない荒野では20キロ先のものさえ見えてしまう。
そして街影が見えた瞬間というのは本当に嬉しく、安堵してしまう瞬間でもある。
ちなみにこの撮影地点より瓜州まで15キロ程。

IMGP4929_convert_20090406113626.jpg
<写真>
瓜州到着前におじいちゃんと一緒に休憩。

IMGP4952_convert_20090406114036.jpg
<写真>
朝食の牛肉麺。