ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 南山

南山 

治安も良いし、危険な動物もいない台湾。
台湾人曰く「最も気をつけるべきは車」なのだとか。

当初は東海岸沿いを南下するつもりだったけど、この断崖絶壁の区間はトラックが多く、道もとても狭く、「デンジャラス」と言う人が多く、あまり乗り気ではなかった。
台湾を歩き始めてからの足の痛みは不吉な前触れではないかと思ったり、ギリギリのタイミングで直感的に進路を変えたのが昨日の事。

これまでの地球一周に比べると台湾一周には全く執着していないし、迷いも葛藤もない。
無事に終わらせたいという気持ちが強く、内陸へと足を進めた。


これまでもロシアを訪れる前に直感が働き、ルートを変更のためカザフビザを取り直したり、カナダでは熊の死体、テントポールが連続して折れたり、嫌な感じだったので細心の注意を払った。

全く何の根拠もないけど直感は大事にしたい。

IMGP7615_R.jpg

これからの山越えに備え、昨日は三星にて食料を用意。
さらにはガソリンも燃料ボトルに入れ、蚊取り線香や洗濯ばさみも購入。

IMGP7638_R_20130710212459.jpg

洗濯ばさみはこうやって使うのである。
ボルネオ辺りからテント入口のメッシュ地のジッバーが破損。
入口を開放していたら蚊が侵入するし、暑い夜も入口を閉め切っていたのだけど、さすがに台湾の熱帯夜には耐える事ができなかった。

IMGP7659_R.jpg

そして今日の歩行なのだけど、2時間程歩いたところで渓さん現る。
昨日買った米が4キロと重いので半分持って帰っていただく。謝謝。

IMGP7666_R.jpg

20分程通行止めだったのだが、すぐに周りを囲まれた。

IMGP7702_R.jpg

冷水をいただきました。

IMGP7678_R.jpg

坪林から0メートルまで下り、今日はそこから1000メートル超まで上昇。
今回のルートの最高地点は3200メートル。
4年前の中国以来の3000メートル超えになるけど、今日くらいの勾配ならそこまでの苦労はないと思う。
3000メートルという高さは問題ない、重要なのは勾配なのである。

また明日、明後日と上り続けるでしょう。