ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 芭崎

芭崎 

IMGP8697_R.jpg

お世話になった廖さん夫妻、Kuo Ching Yehさん。謝謝。

IMGP8728_R.jpg

清水断崖、山岳地帯のトンネルに備え、リヤカー後部にライトを取り付けていただく。

「明日出発だから」と昨日はスーパーへ連れて行ってくれ、「好きなものを入れろ」と廖さん。
しかし食料は十分にあるし、必要なものは特になく、もう少しでなくなりそうなコーヒーを唯一かごに入れたが、その後は廖さんがビールやクラッカー、缶詰をかごに入れ、渡してくれた。

その気遣いがとてもありがたいです。

IMGP8708_R.jpg

皆で写真を撮って、見送られ出発ではなくて、自転車やスクーターで約2時間半付いて来てくれた。
そして海沿いのレストランでまた廖さんの奥さん、子供達と食事をとってお別れだった。

彼らと過ごしたのはわずか2日。
再びまた1人で歩く日々に戻っただけ、自分にとっての日常に戻っただけなのに、ずいぶんと寂しく感じられた。

IMGP8743_R.jpg

しかしそんな感傷的な気分はその後現れたトンネル4連続によって消されてしまった。
総距離2200メートル、今日は日曜日だからか大型バスが続々とやって来た。
いただいたライトを早速使った。

IMGP8732_R.jpg

こちらの方から声をかけられ、凍った紅茶をいただく。
その後上りになり、汗を流しまくったので冷たい飲料はとてもありがたかった。

IMGP8752_R.jpg

バナナの木の林の中で黄色いバナナをゲット。
基本的に黄色いバナナが木に残っている事はないのだけど、台風で木が倒れ、地面に落ちたバナナを誰も拾わなかったようで。行動食、夕食としていただいた。