ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 帰郷

帰郷 

"Your feet don't know how to stop walking."

「あなたの足はどうやって止まるのかを知らない」


米国の母と呼べる方からのメールにはそうあった。

IMGP1420_R.jpg

大阪から鳥取までの230キロも歩き、帰宅する事を選んだ。

難波から梅田の先までは歩道があって順調だったのだが、その後は荷物を下ろして階段を上がり、さらにはまた荷物を下ろしてガードレールを越えたり、歩行予定ルートが歩行不可能な高架なので別の道を探したり、ストレスのたまる歩行だった。

IMGP1529.jpg

峠を越え、20以上のトンネルを抜け、交通量の多い狭い道を慎重に歩く。
全長3692メートルの蘇武トンネルはかなり広い歩道があり余裕だったが、台湾同様車輪の片側を車道に落とし、歩く事も何度かあった。

IMGP1473_R.jpg

台湾が人情味のある素晴らしい国だったので果たして日本はどうなのかと、僅かに不安もあったけれどそれは杞憂に終わった。

都市部の人は他人に無関心、田舎は保守的で排他的。
そんなイメージもあったけど、何度も声をかけられ、差し入れをいただいた。

狭い歩道では道を譲りあい、譲られた側は「ありがとう」と軽く会釈をして通過。当たり前といえばそうなのだけど、どこかほっとした。

IMGP1503.jpg

お世話になった植村直己冒険館の方々。
帰国後に初めてうまいと思ったのはここでいただいた冷奴。

IMGP1558.jpg

鳥取県入りし、お世話になった知人宅での朝食。

IMGP1561.jpg
IMGP1574.jpg

ついに帰郷。