ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 風に吹かれて

風に吹かれて 

時折すれ違う対向車線を走るバス。
行き先を見てみれば、南陽や平涼など、これまで通ってきた都市へ向かうものも。

南陽を訪れたのは2月上旬。
2ヵ月半も前のことで、あれから3000キロ近く歩いてきた。
街並みや宿、出会った人々、そこで過ごした数日は今でも鮮明に思い出せるのだけど、懐かしく振り返っている時に気付く。

「もう過去の出来事になってしまったんだな」と。

IMGP5576_convert_20090424175725.jpg

道脇に座り、周囲を見渡せば、青い空の下、遠くに岩山、そして目の前に道路があるだけ。
強風吹き荒ぶ無人の荒野にて思う。

「今こうして見ている景色も過去の出来事となり、いつかは懐かしく振り返るんだろうな」と。
「強風に顔を歪めながら歩いた日々を笑いながら思い出すんだろうな」と。

過ぎていく時間というものを意識すれば、今という時間を共有しているこの強風さえ愛しく思えてきたのだけど、

確かに一瞬愛しく思ったけど、

その瞬間、ものすごい強風に吹き付けられ、思い切り顔を歪める事に。

やっぱお前なんか愛しくないわ。




IMGP5483_convert_20090424175658.jpg
<写真>
カナダ人サイクリスト。
西安以来2ヶ月振りに英語で話す。

IMGP5467_convert_20090424175553.jpg
<写真>
ヤギの放牧。
ヤギ飼いの話では1200頭ものヤギが放されているらしい。

IMGP5422_convert_20090424175532.jpg
<写真>
テント設営に適した場所が見つからず、堂々とテントを張る日々。

IMGP5643_convert_20090424175820.jpg
<写真>
七克台にて。
老人と孫。