ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 首都へ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都へ 

DSC_1512_R.jpg

休憩をとったカフェで「この先の町にホテルはありますか?」と尋ねてみれば、「ラー(ない)」という返答。「もし眠りたいのならそこで眠ればいいよ」と彼は続け、指差した先にはモスクがあった。
まだ昼前の早い時間だったのでお世話になることはなかったけれど、彼の言葉が緊張や不安をほぐしてくれたように思う。これまで歩いてきた国々と同じようにエジプトにも救いの手を差し伸べてくれる人がいるという事実が安心感を与えてくれる。

地図を広げてみれば65キロ、60キロ、50キロという間隔で宿のありそうな街があり、当初は無難に街に寄り宿に泊まるつもりでいたけれど、1年間全く歩かず、脂肪をつけた体でそれだけの距離を歩くのは不可能で1日40~50キロペース。

DSC_1545_R.jpg

カイロまでの4泊の間、モスクでお世話になること1日。

DSC_1575_R.jpg

あとはテントを張り続けた。
アレキサンドリアとカイロとを結ぶ幹線道路沿いには幸いな事に24時間営業のカフェなどが点在しており、その隣の空き地などにテントを張らせていただく。

DSC_1613_R.jpg

日本を発つ3日前まではカイロに立ち寄る予定は全くなかったけれど、エジプト国内の歩行ルートの見直しを迫られたため急遽カイロへ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。