ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Dangla

Dangla 

DSC_4795_R.jpg

4日半もいたバハルダールから脱出。

DSC_4805_R.jpg

6日振りのインジェラはワット(具)も豊富で悪くはない。

「マネーマネー」言われる事も、子供に追いかけられる事もなく、エチオピアにいたらこんな些細な事でも幸せを感じられる。じつに良い一日であった。
と言いたいところだが、民家近くにテント設営の許可をもらおうとしたら「金を出せ」とおばちゃん。さらに歩き続け、小屋の隣にテントを張らせてもらう。

DSC_4825_R.jpg

写真左側に人影が見えるように、道路からは丸見え。
許可をもらったとはいえテントを張った小屋は無人。
すぐに闇に覆われるのでそれ程心配はしていないけど、もっと慎重になるべきか。

日中は陽射しがきつく、短パン半袖、帽子は欠かせないけれど、標高2000メートルの朝は寒い。
ジャケットを着て外へ出てみれば結露でテントには水滴が付着、今朝の気温は10度。
エジプト、スーダンでは熱帯夜も多く、テントにフライシートをかぶせてなかったけれど、エチオピアに入ってからはフライシートを使っている。

DSC_4141_R.jpg

気候的な理由はもちろん、民家など人目に付く場所にテントを張らせてもらっており、フライシートを使わなければこんな感じなので視線を遮るためにも必要だ。


夕食はストーブを使ってラーメンを作り、食後はコーヒーを飲んでゆっくりするのだけど、朝食、昼食は自分で何か作る事はせず、カフェや食堂が現れたら食事をとる。
何も現れなければ食事抜き。

バハルダールから2日目の今日は10時過ぎに町が現れた。
決して大きくはないけれどガソリンスタンドが2軒、ホテルも数軒。昼食をとるには早い時間だけど、この先しばらく何もないとの事なのでここで昼食をとる事に。

DSC_4840_R.jpg

ノーインジェラデーにしようと「パスタ」と2軒の食堂で言ってみるが、いずれもインジェラしかなく、「パスタならあそこへ行け」と言われたのが、ホテル併設のレストラン。
バハルダールを出てまだ2日目だし安いインジェラでもいいかなと少し考えるも、逃れられる時に逃れておかないと毎日インジェラになってしまうわけで。

レストランへ行ってみたらパスタはなく、ベジタブルサンドウィッチを注文。
ラップトップを持っている人がいたので訊いてみればWiFiがあるらしい。
レセプションで料金を尋ねてみたら良い値段、見せてもらった部屋も値段の割に素晴らしく、早々に足を止めてしまった……。
バハルダールから70数キロしか歩いていないのに何をしているのだろうか。

このホテルへ来るきっかけとなったベジタブルサンドウィッチはまったく美味しくなかった。