ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Arbaminch

Arbaminch 

DSC_6327_R.jpg

分岐の町にて地図を広げ、この先のルートについての情報収集。
できる事なら未舗装路もある最短ルートを歩きたかったが、「道などない。アルバミンチを経由しろ」と皆が口を揃えるのでそれに従う事に決めたのだが、結果論ではあるけど無難な道を選んで正解だった。


勾配のきつい坂を歩いているわけではないのに足取りが重く、違和感を覚えたのがシャシャマネを発ってから2日目の事。休養をとったばかりなので疲労が溜まっているとは考えられない。
マラリアにその他の感染症、あるいは最近飲み始めたマラリア予防薬の副作用だろうか。最悪死に直結する問題。アフリカで体調不良に陥れば嫌な想像はどんどんと膨らんでいき、不安が尽きる事はない。

50キロ歩いた翌日の夕方もまた疲労困憊な状態、さらに翌朝も体がずっしりと重い。
人目につかない薄暗い朝を狙って茂みにしゃがみこめば、自分の体から出てきたものに血が混ざっている事に気付く。
これが体調不良の原因か。血便ではあるけど下痢ではないし、症状も赤痢のものとは違う。赤痢に罹った経験があるのでそれは確か。

1週間前に食べた生肉か、毎日飲んでいる生水だろうか。心当たりはいくつかある。
排便後に手で尻を拭うエチオピア人が食べ物を扱えばそれなりのリスクがあるのだけど。


幸いにも約100キロ先にアルバミンチというこの辺りでは大きな規模の街があった。
歩けば2日の距離。こんな状態で歩けるのだろうかと思ったけど歩くしかない。
ダメになったらその時はその時、通りすがりの車に助けを求めればいいのだ。

目指す先にある程度の大きさの街があるというのは精神的に楽なものだった。
もし未舗装ルートを進んでいたなら道に迷うかもという不安や悪路へのイライラに体調不良という新たな不安要素が加わるはずだった。


翌日も血便は続いた。体のだるさを感じつつも、食欲はあるし、エチオピア人と格闘するだけの元気もあり、行き倒れる事なくアルバミンチに到着。
標高が下がり、照り付ける陽射しが痛いくらいだ。
エチオピアは緑豊かな国だが、この辺りは格別でバナナの木々など鬱蒼とした緑が茂っている。ほんの少し前まではサトウキビをかじる人が多かったけど、この辺りではマンゴーを食べている人をよく目にする。

ネット環境は良くなく、連日の停電、今泊まっている宿は水が出ないので洗濯どころかシャワーすら浴びる事ができない。
この先さらに劣悪な環境になっていくのは確実であり、そんな場所で体調が悪化なんて事は絶対に避けたいので今日は無難に病院へ。
大勢の現地人と共に待って待って待たされての6時間だったが、聞き覚えのある感染症を告げられる事もなく、特に大きな問題はなさそう。

治療費は保険会社に請求しようと思っていたが、診察と薬で計2ドル。
わざわざ請求するのがばかばかしいくらいの金額だった。