ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 南アフリカ入り

南アフリカ入り 

DSC_3988_R.jpg

アフリカ大陸縦断10カ国目、最後の国である南アフリカに入国。
現地人ですら「デンジャラス」と口を揃える国。「危ないのは都市だけで田舎は大丈夫なんでしょ?」と尋ねれば「どこも危ない」と彼らは言う。
国境の警官は「自転車でここを通過する旅行者もいるから大丈夫じゃない?」と気休めの言葉をかけてくれたけど、自転車と徒歩では1日に進める距離が3、4倍は違うのである。

DSC_4050_R.jpg

最初に現れたマフィケンという町では歩道にスーパーのショッピングカートが倒され、ストリートチルドレン風の少年達が腰かけていたり、ギラギラとした視線を浴びたり、町の雰囲気は良くないけれど、人のいる所を抜けてしまえば延々と何もない景色が続く。
たまに声をかけてくるドライバーに治安を尋ねれば「この辺りは安全だ」という言葉にほっとする。南アフリカに入って以来、挨拶を交わした後は治安状況を尋ねるのが常となった。

田舎であっても朝夕の暗い時間の歩行は避け、これまで60キロ超だった1日の歩行距離を50キロ程に下方修正。
テント設営も慎重に場所を選んでいる。というか道路の両脇には延々と柵が設けられておりブッシュへの侵入は難しく、テント設営場所には毎日苦労している。
この国では慎重になりすぎるくらいがちょうどいいです。油断と過信は禁物。

DSC_4116_R.jpg

ケープタウンも見えてきた。