ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Keep strong, keep walking.

Keep strong, keep walking. 

12日連続歩行の9日目からちょうど1週間が過ぎるも、歩行10日目を迎える事なくビューフォートウェストで止まったまま。
白昼堂々、ビューフォートウェスト郊外のハイウェイ上で強盗被害に遭った。

DSC_4559_R.jpg

逃げていく3人の男を撮影し、警察に提供。
翌々日に3人のうち2人が捕まったが、パスポートを奪った男は逃走あるいはどこかに潜伏中。住所や名前は割れており、1週間待ったが依然捕まっていない。


南アフリカでは町の端にトタンや板、ビニール袋など廃材で造られた家々が集まる居住区を見かける事がある。
錆の色が異なるトタンをいくつも継ぎ合せられた家は見るからにみすぼらしく、周囲にはゴミが散乱していて雰囲気は悪い。これをスラムというのだろうと思いながら足早に通り過ぎる。

DSC_4615_R.jpg

犯人の家はそれに比べたらましではあるけど、似たような小さな家々が集まり、貧しさを感じる居住区。
現地人曰く「デンジャラス」らしい。警官と一緒なので危害を加えられる事などないものの、1人で歩いていたら間違いなく身ぐるみ剥がされるだろうなと思った。

DSC_4612_R.jpg

昨日、今日と犯人の家へ行くが扉は閉ざされ、裏の壊れた窓から家の中を覗くも誰もいなかった。
今日はビューフォートウェスト最終日、もうこれ以上ここで待つ事ができず時間切れ。
パスポートをあきらめるしかなく、苛立ちが募り、家の壁を思い切り蹴ってきた。

DSC_4571_R.jpg

病気や治安など不安要素がいくつかあったアフリカだが、思っていたよりもずっと安全で、大きなトラブルなく順調に進み、「ネタが少ないな」と不謹慎な事を思った矢先の強盗だった。
朝夕の薄暗い時間ならまだしも白昼堂々の犯行に精神的ショックを受けたが、1週間経ってだいぶ落ち着いた。
昨日届いた友人サイクリストからのメールには"Keep strong, and keep going."とあった。

警察からはケープタウンまでバスで行く事を勧められたが、歩き続けます。

"Keep strong,keep walking"