ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- アフリカ イズ ビューティフル 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ イズ ビューティフル  



2011年、カナダを歩行中にジャン・ベリボーというカナダ人と会った。
歩く事に11年を費やし、すでにアフリカ大陸を歩いていた彼に「アフリカはどうでした?」と尋ねれば、彼は穏やかに微笑みながら言った。


「Africa is beautiful」


アフリカは美しいという彼の言葉は脳裏に深く刻まれ、その後も事あるごとに思い出した。
雄大な景色、サバンナを駆ける野生動物、あるいは女性……。
彼が言った「Beautiful」が何を指すのか今となっては知る由もないのけど、「アフリカの美しさ」をこの目で確かめる事がアフリカ大陸縦断のテーマの一つだった。

10カ月半、11000キロを歩き抜いた今、アフリカの何が美しいのかを改めて振り返ってみれば、圧巻だった景色、迫力のある野生動物との出会い、思わず後ろを振り返ってしまった美女などなど、「ビューティフル」と呼べるものはなくもないが、うーんこんなものじゃないなと思う。考えて考えて考えまくったのだが、納得できる答えは思い浮かばなかった。

単に感性が乏しいのかもしれないし、ほんの10カ月程度歩いただけでアフリカの美しさなど分かるはずないのかもしれない。
しかし無理矢理こじつけるなら人かなと思う。アフリカは人間らしさが溢れる場所で、そんな人間の本質こそ「アフリカの美しさ」ではないかなと。

多くの人から見返りを期待しない優しさをもらい、「マネーマネー」と欲望を剥き出しにした子供達とも遭遇した。
そんな子供達に対し怒りを露にする自分もまた人間らしいなと思った。
自分の周りを囲み、じっと見つめる人達は好奇心の塊だった。
南アフリカで被害に遭った強盗も堕ちるところまで堕ちた人間の姿なのかもしれない。
右手で食事をとり、左手で尻を拭うという生活は人間の原点に戻った気がした。
良くも悪くも人間らしさが印象的なアフリカだった。


そろそろアフリカを去ります。
何度もキレ、ボロクソに文句を言い、さっさと終わらせたいと思ったアフリカなのに、いざ去るとなるとなんでこんなにも寂しいんでしょうか。

ありがとうアフリカ。さようならアフリカ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。