ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Los Vilos

Los Vilos 

重い腰を上げて14泊した汐見荘を出発。
ビーニャ滞在中は曇りが多かったが、歩行再開初日に限って強烈な日差しが照り付けてきた。さらには2週間も足を止め、休養十分のはずなのに、左足の付け根に痛みを感じる。
これまで以上にテント設営場所は見つからず、暗くなるまで60キロ超を歩き、散々な歩行再開初日。

翌日もしばらく歩くと足に違和感を覚え、前日の暑さにやられ体調も良くない。
歩行を終えようと思うも、テントを張れる場所は全くなし。
前方に山、遥か上を走っている車が見え、この体調で山越えはまずいなと思う。



ただでさえテント設営地が見つからないのに、陰という条件を満たすものは難しいと思われたが、上り坂の手前でハイウェイ下にテントを張れた。
10時まで15キロ歩き、その後はひたすら眠り続ける。

_DSC3304_R.jpg

3日目以降は体調も足も万全だけど、やはりテントを張れる場所は多くない。
単調な高速道路ではあるけど、海も見えるし、サンティアゴ以南と比べたらまし。
この辺りはやけにアップダウンが多い。

_DSC3292_R.jpg

ルート5は高速道路なので道路沿いに基本何もないのだが、ガソリンスタンドが点在。
サービスエリアの役割を果たしているのだけど、中でもコペックの設備が素晴らしい。
WiFi、有料シャワー、水の補給、テントを張ったり、55~60キロ間隔でコペックの店舗があればコペックからコペックへ移動する毎日でコペック難民となり、何度もお世話になった。

しかしチリ北部ではコペックの数も激減。店舗の間隔も長くなった。
実際交通量も少なくなった気がする。

_DSC3296_R.jpg

今日は食料の補給に町におりたところ、ルート5入り口近くにコペックがあったので、久々にコペック泊。シャワーを浴びてすっきりした。
ここから30キロ先にシェル、140キロ先にコペックがあるが、それ以外で水の補給ができるか不確か。商店のおばちゃん曰く「店はない」らしい。
こんなにも早く水の事を考えないといけないのは予定外だったのだけど、2日分、10リットルくらいは携帯しようと考えている。