ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- チリを北上中

チリを北上中 



ウシュアイアからここまで4500キロを歩いてきたけど、チリ北端、ペルー国境近くのアリカまでまだ1844キロもある。
現時点ではアントファガスタからカラマ、アタカマを経てボリビアへ入る予定だけど、それでもチリでの歩行は残り1500キロ。長い国だなと改めて思う。

_DSC3360_R.jpg

どのタイミングで、何か境界があったのか定かではないけど、気が付けば褐色の荒涼とした景色に変わっていた。
パタゴニアとは対照的。少しずつアタカマ砂漠に近付いているのを実感。

時折集落が現れるけど、基本的には何もなく、住んでいる人もおらず、自分好みの景色。
景色は単調だけど退屈だったサンティアゴ以南と比べればとても楽しい。
ビーニャを出てからの数日は気持ちが沈んでいたけど、ここにきて俄然やる気が出てきた。
ポツポツと生えているのはサボテン。

_DSC3334_R.jpg

道脇にもサボテン。

_DSC3494_R.jpg

サボテン。

アメリカ南部、メキシコを思わせる景色。
自分にとっては初めての景色なので新鮮で、まだ飽きていない。

_DSC3371_R.jpg

この辺りはアップダウンが連続する。

_DSC3402_R.jpg

勾配は大した事ないが、登り切った直後に下りが始まり、またすぐに上り……
これが連日何度も続くので疲れる。

_DSC3436_R.jpg

見渡す限り荒野。
遮るものがなく、強風が吹き荒れる場所なので風力発電の風車が多い。
追い風なので歩く分には問題なし。

_DSC3471_R.jpg

問題があるとしたらテント設営時くらい。
風を避けられる場所は全くない。夜までテントは揺れ続けるのでペグでしっかり固定。

_DSC3382_R.jpg

住んでいる人はいないが、ドライバーが激励のクラクションを鳴らしてくれたり、差し入れをいただく事もある。こちらの方からはフルーツをもらう。

_DSC3421_R.jpg

水を3リットルいただく。
グラシアス。