ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ボリビアへ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリビアへ 

サンペドロからボリビアとの国境近くまで舗装路を43キロ歩き、2450メートルから4600メートルまで高度を上げるのだけど、サンペドロからの10キロは平坦な道なので、残りの33キロで2000メートル超も上る事になる。
アタカマ砂漠の山越えでは1日に1700メートル上昇したけど、0に近い所から2000メートルまで上がっただけ。
未経験の4000メートル越えに不安と楽しみな気持ちが入り乱れる。

上がっていくにつれサンペドロの町やアタカマ塩湖を見渡せ、何度も後ろを振り返る。
できれば1日でと思っていたけど昼頃から疲労を感じ始め、終盤は50メートル歩いて足を止め、また50メートル歩くを繰り返す。

_DSC5108_R.jpg

結局この日は31キロ、3700メートルまで上がり、活火山リカンカブール山が見えるところにテントを張る。

普段は米を食べる事が多いのだが、この先4000メートルの高地が続き、米が炊けるか不確かなので、サンペドロから当分の間、昼夕食はパスタとなる。
9日18食分としてパスタ3キロ、パスタソース9袋を用意。その他米、ラーメン6袋、クッキーなどを携帯。作り慣れていないので2食分茹でたつもりが1食分でしかなく、うまくいかない。

_DSC5136_R.jpg

サンペドロから2日目。
3700メートルの朝は寒く、長ズボンとライトダウンを着用する。一晩足を休めたものの、序盤から何度も足を止め、足の疲労を感じ、呼吸が荒い。
最初の1キロは3キロしか歩けず、この日のうちにボリビアへ入れるのか不安。
9時頃、腕時計の高度表示が4000メートルを超えた。

50~100メートル歩いては足を止め、また歩くを繰り返す。これまで歩いてきた中で最もきつい。5.5時間で12キロという時速2キロペースだった。
きつい事は覚悟していたが思っていた以上の過酷な道のりだ。
足を止める度に乱れる呼吸をゆっくり整え、意識して空気を吸い、口は常に開いたままだった。

_DSC5145_R.jpg

4600メートル地点のガードレールにはサイクリストが書いたと思われる゛4600mts゛の文字。

_DSC5179_R.jpg

その後国境への5キロは未舗装路と化した。

_DSC5203_R.jpg

長かったチリでの歩行を終え、 ボリビア入り。
良い国だったな、チリ。お世話になりました。
アルゼンチン、チリでは5ヵ月半で6000キロを歩いた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。