ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Uyuni

Uyuni 



悪路の終わりにて記念撮影。
ここから先舗装路になるわけではないけど、地面は固く、時速5キロで歩く事ができる。

_DSC5933_R.jpg

食料が尽きかけた頃、ボリビアで最初の村であるアロタに到着。
人通りの全くない村のメインストリートに閉口してしまう。

_DSC5934_R.jpg

唯一開いていた商店。
南米大陸を南下してくる人はチリやアルゼンチンの先進国ぶりに驚くというが、北上すれば全く逆の印象を抱いてしまう。
噂通りボリビアの商店には値段が表記されてなく、いちいち尋ねないといけないのが面倒。
物価が安い国と聞くけれどチリやアルゼンチンからの輸入品が多く、チリのスーパーの方が安い。
歩行中に食べる行動食、自炊も多い自分にとっては格安という印象でもない。
ボリビアで安いのは宿泊費と外食費。

_DSC5955_R.jpg

ビラビラという村にてボリビア入国12日目にして初めて食べたボリビア飯。リャマの肉で100円くらい。
ボリビアの食事はまずいと聞いていたが、全然いける。
今のところまずいと思ったものは全くなし。

_DSC5957_R.jpg

こういう感じの屋台飯が色々な所にあれば嬉しい。
アルゼンチン、チリは白人移民が多かったが、ボリビアは先住民インディヘナの割合が南米で最も高い国。

悪路を抜けた後は187キロを3日半で歩き抜け、現在はウユニ。
ボリビアでの滞在期間は30日。悪路に苦戦したため、すでに13日目を迎えている。
ラパスに寄るなら延長するし、寄らないのならペルーまでの700キロを一気に駆け抜けるつもり。