ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ラパスへ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラパスへ 



オルーロから首都ラパスを目指す。
約230キロ、日に日に日照時間は短くなっているが、頑張れば4日で着けるかという距離。

_DSC7082_R.jpg

オルーロからは片側2車線の分離道路となり、路肩も広々でとても歩きやすい。
路上で1日の大部分を過ごす者にとって路肩の広さはとても重要。
広ければ安全だし、不快なクラクションを鳴らされる事もない。
南米3カ国目だけど、路肩に不満があったのはアルゼンチンのみ。

_DSC7077_R.jpg

ボリビアでも基本キャンプ生活。
ラパスまでの3泊のうち2泊は道路下の通路にテントを張る。
もう1泊はテント設営場所が見つからないまま小さな村に辿り着いたのだが、村人は皆「安全だ」というので村の中に堂々とテントを張らせてもらう。
絶対に人目につかない場所、あるいは確実に人の目につき安全を確保できる場所というのがテント設営場所の条件。

_DSC7110_R.jpg

5~10キロ置きに村や町が現れるが、たいていは何もない小さな村であり、食事をとれる場所は多くはない。
レストランに入る事はほとんどなくて、こういう青空食堂が最近のお気に入り。

_DSC7132_R.jpg

アルゼンチン・コルドバからペルー・リマを目指しているイギリス人サイクリスト。
カラファテ、サンティアゴで会ったサイクリスト・トムから自分の事を聞いていたらしい。

_DSC7166_R.jpg

雨季はすでに終わっているので雨は降らないものと思っていたけど、オルーロ手前では自分にとって2カ月半振りの雨が降り、その後もパラパラと雨に打たれる事が多い。
ラパスから50キロ地点で迎えた朝も雨がテントを叩き、その後雪へと変わる。
予想外の雪。やはり標高4000メートルは侮れない。
この日のうちにラパスに着きたかったので雪と雨の中を2時間程歩く。

_DSC7206_R.jpg

そしてラパスが見えてきた。

_DSC7238_R.jpg

写真で見た事のあるすり鉢状の街だけど、レンガ造りの家々が密集する景色は圧巻。
視覚でこれだけの衝撃を与えてくれる街はあまりないのではないか。

衝撃といえば、すり鉢上のエル・アルトという街で真横にいたインディヘナの婆さんが突然しゃがみこんで小便を始めたのも驚いた。ボリビア人はベトナム人並に大胆な人達である。

_DSC7263_R.jpg

中心部のサンフランシスコ寺院に到着。

悪天候だし、疲れもあり、夕食は宿周辺で売られていた屋台のハンバーガーで済ませたのだけど、こいつが原因で夜は思い切り嘔吐。
水は生水、現地人と同じものを食べ、食当たりなんてほとんど経験がないのに……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。