ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ラパスでの日々

ラパスでの日々 

気が付けばラパス到着から21日が経過。
祭りを見るため、5日程ラパスを離れていたとは言え、予定外の長居となった。
1泊6ドルで個室に泊まれるし、街歩きも面白いし、知人と7年振りの再会があったり、別の知人が日本から来たり、あるいはビーニャからここまで頑張り続けた反動からか、すっかり腰が重くなってしまった。


以下適当に写真。



コパ・リベルタドーレス、ザ・ストロンゲスト―サンパウロ戦を観戦。

_DSC7630_R.jpg

試合会場は標高3650メートルに位置するエルナンド・シレススタジアム。
あまりの過酷さにメッシが嘔吐した事もあるらしい。

_DSC7765_R.jpg

2009年にキルギス・ビシュケクで会った二胡奏者の旅人と再会。

DSC_8473_R.jpg

さらには日本から知人がラパスへやって来た。
新しい靴、パソコンなどを持ってきてもらうも、チリ・サンペドロ以来ネット接続できなかったパソコンが突如復活し、現在無駄にパソコンを2台携帯している状況。

DSC_8305_R.jpg

ケーブルカーで高台にあるエル・アルトへ。

DSC_8708_R.jpg

エル・アルトでは毎週木、日曜日に大きなマーケットが開催されている。

DSC_8151_R.jpg

現在ラパスのケーブルカーは3路線あり、こちらは黄色ライン。
運賃3ボリ(約50円)と安く、何度か空中散歩を楽しむ。

DSC_8123_R.jpg

エル・アルトからの眺め。
現在滞在しているのがビル群の辺りなのだけど、ラパスを出る際は400メートル上り、エル・アルトまで戻る必要があるのでとても面倒だ。

DSC_8281_R.jpg

歯医者。