ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Ausangate

Ausangate 

DSC_2270_R.jpg

かつてインカ帝国の首都だったクスコ。
マチュピチュをはじめとする多くの遺跡が近郊に点在し、毎年6月には南米三大祭りの一つであるインティ・ライミが開かれる南米随一の観光地である。
見所満載のクスコであるが、あまり知られていないセロコロラドというカラフルな山がある。
クスコにある多くのツアー会社では日帰りツアーを取り扱っているが、食料とキャンプ道具を持ってトレッキングへと出かけた。

セロコロラドからアウサンガテを回るトレッキングルートへ抜けるか、クシパタ方面か、それとも来た道を戻るのか……。
数日分の食料は持っていたものの、セロコロラドからのルートに関しては行き当たりばったりの不確かなものだったが、アウサンガテ方面へと向かう。

DSC_2480_R.jpg

1泊目のテント設営地。左側にポツンと小さく見えるのがテント。
これまでのテント設営地でここまで素晴らしい環境はあっただろうか。

DSC_2417_R.jpg

どこかに水場があるだろうと十分な水を携帯していなかった。
湖がいくつかあったものの、きれいな水とは言えず、山から雪を採取してストーブで溶かし、水を作る。

DSC_2661_R.jpg

2日目。
5000メートルの峠を越えた先に現れたのがこの景色。
右の山がインカの聖なる高峰アウサンガテ。標高6394メートル。



2日目のテント設営地。背後にはアウサンガテが見える。
これまでテント泊する事1000泊超。
ラグーナルートにウユニ塩湖、前日のテント設営地も素晴らしかったが、テント設営場所としてはここがベストかもしれない。

DSC_2888_R_20160620071436102.jpg

別角度から。

DSC_2861_R.jpg

谷の上。

DSC_2869_R.jpg

アルパカの放牧地だった。

DSC_2915_R.jpg

テントからの景色。
集落が見え、無数のアルパカが放牧されていた。

DSC_2894_R.jpg

テントすぐ側にきれいな小川が流れていた事もポイントが高い。
高度は4600メートル。朝は厚い氷が張っていた。

DSC_3060_R.jpg

結局アウサンガテを回るルートは断念。
アルパカの放牧地を抜け、幹線道路を目指す。

DSC_3027_R.jpg

セロコロラドの前はクアトロラグーナという場所も訪れており、4泊5日のトレッキングだったが無事終了。

セロコロラドへ至るルートには多くのツアー客がいたが、その先は少人数のグループがガイドを雇ってトレッキングしているのと数回すれ違ったくらい。
人が少なく、景色も素晴らしく、最高のトレッキングだった。