ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Ica

Ica 



前日のテント設営時、荷台に積んでいた水がなくなっている事に気付く。
周囲を見回すも見つからず。
空腹を感じていたので、夕食は米を炊いてラーメンをガッツリと食べるつもりだっただけにショックだ。携帯している食料はほとんどなく、オレンジを1つ食べただけ。
起きていたら空腹を感じるのでさっさと眠る。

DSC_3857_R.jpg

翌朝、少し歩いた先に村があり、サンドウィッチを買い、腹を満たす。
相当な空腹だったようでその後も何かを見つける度につまみ続けた。

DSC_3860_R.jpg

パンク修理時にスポーク折れに気付いた。1本どころでなく5本。
1本欠けているだけでも他の場所に負担がかかり良くないのに5本も折れているとは…。
普段車輪のチェックを全くしないし、こちら側のタイヤがめったにパンクしないので全く気付かなかった。

この状態でアンデスを越えてきたのか、過酷なアンデス越えでこんな状態になったのか定かではないが、新たなスポークを入手する事は急務。
車輪に悪影響を及ぼし、その結果タイヤの摩耗が早くなるので。

DSC_3871_R.jpg

昼頃にイカ到着。
宿を見つけた後、早速自転車屋探し。
リマ・ナスカ間で最も大きな町であるイカなのだけど、数軒の自転車屋を見つけるも、同サイズのスポークは見つからなかった。
うーむ、スポーク5本が欠けている状態でリマを目指すしかないのか……。

400キロもの距離を車輪は耐えられるだろうか?
リマでスポークは手に入るだろうか?

新たな不安要素が露呈したが、悩んでいてもしょうがなく、イカ近郊の砂漠へ足を運ぶ。

DSC_3912_R.jpg

ワカチナオアシス。

DSC_4019_R.jpg

北アフリカの砂漠の町のよう。

DSC_3956_R.jpg

これまで砂漠は色々と見てきたけど、ここの砂漠もまた圧巻でとても良かった。
今回はけっこうな期待を抱いていたけど、それ以上に応えてくれ、大満足。

DSC_4041_R.jpg