ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Huascaran N.P Day2

Huascaran N.P Day2 



2日目。
懸念していた足の痛みはわずかに残っている程度で歩行に支障はなさそう。

DSC_9042_R.jpg

前回のトレッキングで牛に裂かれたフライシートはこんな感じに補修されている。
噛み破られたテントの底も補修済み。

DSC_9043_R.jpg

いつものようにがっつり歩く事はせず、45キロ前後の国立公園をゆっくり2日で歩くと想定。
ワスカラン国立公園は有料なので1日券を2枚購入。

DSC_9051_R.jpg

早速歩行開始。快晴です。

DSC_9067_R.jpg

しばらく歩くと前方に氷河を抱いた山(Contrahierbas)が見えた。

DSC_9075_R.jpg

その手前には九十九折の道。
視覚的にきつそうで、これまでの自分なら現実逃避したくなる大嫌いな上り坂。
しかしペルーで4000メートル超の峠をいくつも越えた事で心身ともに鍛えられたようで、目の前の九十九折を見て楽しみだなと思う。

DSC_9098_R.jpg

正面だけじゃなく、横を見ても山。

DSC_9100_R.jpg

どんどんと上っていく。

DSC_9118_R.jpg

さらに上っていく。
ふと下に目をやれば九十九折。

DSC_9148_R.jpg

次第に大きくなっていくContrahierbas。

DSC_9180_R.jpg

何度もカーブを曲がる。

DSC_9195_R.jpg

最後の方は疲れてしまって、もうテントを張ってしまおうと思ったのだけど、携帯している水はわずか。水場もなかったので歩かざるを得ない状況。

DSC_9204_R.jpg

最後の200メートルはきつかったけど、何とか4700メートルの峠に達する。

DSC_9230_R.jpg

この峠にはトンネルがあるのだけど、そのすぐ近くにテント。
氷河から流れてくる水場もあるし、Contrahierbasも間近。絶好のロケーション。

DSC_9220_R.jpg

しかしあえてテントの入り口はこちら向き。
明朝、天気が良かったら朝日を浴びて赤く染まるワスカランが見えるかなと思って。

歩行距離21キロ。4700メートル。