ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- El Bonito

El Bonito 



ペルー最終日の147日目は16キロ歩いて国境へ。
5月にペルーに入国した時は「やっとペルーに着いたか」と思ったけど、147日も滞在すれば「やっと終わったか」となる。

DSC_1408_R_201610101226107df.jpg

南米大陸5か国目のエクアドル入国。
ちなみに前日、南米大陸を歩き始めてから1年を迎えた。

エクアドル入りしてまず最初の感想はクロワッサンが美味しいというものだった。国境の商店で売っていたクロワッサンの食感、風味ともに素晴らしかった。
ペルーでもクロワッサンやパンをよく食べていたけど、エクアドル入りした直後、あっさりとそれらを上回るものと出会ってしまった。
しかもここは一流ベーカリーではなく国境の商店。
この先エクアドル滞在中のパン屋巡りが楽しみになった。


さっそくエクアドルの道を歩き始めれば、やたらと追い越しする車が多いのだけど、ウィンカーを使用する車が多い事に驚き、クラクションが全く鳴らされない事に感動した。
ペルーではこちらが避けなければ当たっていただろうという事が数回、キレる事数え切れず。ペルーのドライバーは本当にひどかった。

DSC_1436_R.jpg

午後、チリ人サイクリストと遭遇。
トルヒーヨで噂を聞いたとの事で「歩いてる日本人だろ」と言われた。
トルヒーヨからここまで徒歩で14日、2日の休息日を合わせて計16日かかっているが、彼は5日で走ってきたのだとか。
再び走り出した彼の背中はあっという間に小さくなり、見えなくなった。

DSC_1444_R.jpg

「この先は首絞め強盗が多いから気を付けろ」と現地人に脅されたエクアドル初日は空き地にテント。
隣の工場のライトがテントを照らし、蚊もいるし、あまり良い場所ではなかった。
危険なペルーを無事に抜けたので緊張が解けかけていたけど、まだまだ気を抜くわけにはいかない。

DSC_1470_R_20161010122952861.jpg

エクアドルでは米ドルが通貨として使われているのだけど、2日目午前中の時点で手持ちの米ドルが5ドルという小学生の財布の中身と変わらないような額しかなかった。
両替するためだけにマチャラという街に立ち寄る。両替のために同じ道を往復するという事になり2時間近く要した。
その後初めて現れたキトへの距離標識。

DSC_1451_R.jpg

道路の両脇には広大なバナナ園が延々と続く。
途中途切れる場所もわずかにあったけど40キロくらいは続いたのではないか。

DSC_1489_R.jpg

東南アジアやアフリカでも目にしたバナナの木だけど、それらと違うのはバナナが袋で保護されている点。バナナ園の人に尋ねるとやはり輸出用らしい。

ひたすらバナナ園が続き、テントをどこに張ろうかと悩んでいたら、夕方遂にバナナゾーンが終了。
有人地帯になるのだけど、人目につかない場所というのは皆無。前日、前々日と2日続けて蚊が多い場所にテントを張ったので、いかにも蚊の多そうな茂みの中も避けたい。

DSC_1492_R.jpg

小さな村に到着し、テント設営場所を求めて歩いていたら、「うちに張っていいよ」との声がかかり、庭にテントを張らせていただく。

2002年のサッカーワールドカップの時、エクアドル代表が鳥取市でキャンプをしていたという事はおそらく鳥取県民くらいしか知らない話。せっかくなのでそのネタを振ってみるも、「ふーん」という程度で全く盛り上がらず。
南アフリカ人に「ワールドカップ前、日本代表がうちの街でキャンプした」なんて言われても「へー」としか言えないので、そんなものなのだろうけど。

ちなみにエクアドルに派遣されたJICA隊員によれば、当時代表だった選手がスポーツ省の大臣になっていて、鳥取の話で盛り上がったのだとか。

南米大陸での歩行距離は10800キロに達した。アフリカ大陸縦断での距離と同じ。