ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 危険地帯

危険地帯 

Cauca (30)_R

早朝、お礼を伝えて出発しようとしたら「食べていきなさい」と朝食を渡された。
前日にテントを張らせてもらった際も温かいスープを出してくれ、雨に打たれ冷えた体が温まった。
本当にありがたいです、グラシアス。

Cauca (40)_R

コロンビアに入ってから連日アップダウンを繰り返してきたけど、ここからカルタゴまでの220キロは延々とフラットな道が続く。
ここから近いところにカリというコロンビア第3の街があるのだけど、危険都市ランキングでいつも上位にランクインする危険都市。わざわざ立ち寄る必要はないし避ける事にする。

カリを避けるのはいいのだけど、もう一つの道にもPuerto Tejadaという町の治安が良くない事をサイクリストから教えられていた。今回歩くのはPuerto Tejadaを通るルート。

Cauca (42)_R

料金所にガソリンスタンド、テントを張る機会はあったのだけどさらに先へと進んでいき、気が付けばPuerto Tejadaまで2キロの所まで来ていた。屋根下にテントを張らせてもらう。

Cauca (46)_R

併設するバーでビールを2本ごちそうになり、あれこれ話す。
Puerto Tejadaの事も聞いてみたが、皆「ペリグロ(危険)」と口を揃えた。

6時に歩くのが危険なら「7時は?」と聞けば「ペリグロ」
「8時は?9時は?10時は?」「ペリグロ、ペリグロ、ペリグロ」
常に危険な町らしく、警察のエスコートを付けて歩く事を勧められた。

確かにこのVilla RicaからPuerto Tejadaへの間も雰囲気はあまり良くなく、警察がやたらパトロールしているのが印象的だった。
テントを張らせてくれたおじさんも「夜、何かあったらこのドアを叩け」と言ったし……。

Cauca (47)_R

翌朝、「15分後に警察が来るから準備しろ」と近所のお姉さん。
前日の話では7時出発という事になっていたが、まだ6時半。コーヒー片手にテントも片付けていない状態。
雨が降っていたので出発を遅らせようとも思っていたのだが、歩かざるを得ない状況に。

警察のエスコート付で歩くのはウクライナに続き2度目。
あの時はテント泊してたら近くに停めた車内で警察が守ってくれていて、大晦日の夜はガソリンスタンドに警察も一緒に泊まり、申し訳なく思うくらいのエスコートだった。

GOPR1768_R.jpg

プレッシャーをかけてくるわけではないが、のんびり歩くのは何だか申し訳なくて3キロくらい走った。
タバコをやめて6年、6万キロ以上歩いてきてはいるけど歩くのと走るのは全くの別物であり、とてもきつい。途中から走っては歩くを繰り返す。

GOPR1769_R.jpg

計3台のバイクが交代しながらエスコート。
雨の中ありがとうございます。歩くの遅くてごめんなさい。

町の中心へは行かず、畑が広がるのどかな郊外を歩いたのだけど、危険な雰囲気は微塵も感じず。「本当に危ないのか?」と警察に聞くのだが、彼らは「ペリグロ」と答え、またその後も何人かの人に尋ねたのだが皆「ペリグロ」と言った。

Cauca (67)_R

この辺りは延々とサトウキビ畑が続く。
フラットな道は楽だけど、単調で退屈な景色で、山が恋しくなってしまった。

Cauca (50)_R

荷台を5台くらい連結させ、サトウキビを運ぶトラックもよく目にする。

Cauca (78)_R

道脇には延々と柵が設けられ、テントを張るために侵入不可だったが、途切れたところにあったサトウキビ畑に入り、テントを張る。蚊が多かった。