ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Canasgordas

Canasgordas 

COL2 (502)_R

サンタフェからは山越え。
パタゴニアから続いたアンデス山脈の終わりが見えてきたし、恐らく南米大陸縦断最後のヤマ場になるはず。

COL2 (507)_R

高度を500メートル上げた辺りで遠くにうっすらとサンタフェの町が見えた。
この辺りまではとても余裕だったが、延々と続き、終わりが見えない上りに疲れを感じ始め、1000メートル上がった辺りから足を止める回数が増える。

「サンタフェから先は治安が良くない場所があるから適当に野宿するのではなく、町に滞在した方がいい」というジョナサンからのアドバイスに従い、57キロ先のCanasgordasを目指すつもりだったが、ちょっと無理なんじゃないかと思えてきた。

COL2 (541)_R

レストランで昼食をとっていたら現れたコロンビア人サイクリスト・ディエゴとセバスチャン。

「それ自分で払ったのか?」と尋ねてきたディエゴの質問の意味がよく分からず、「は?」という顔をしていたのだが、レストランの人に「自転車で旅をしていて金がないので何か食べさせてくれ」と交渉する彼の姿を見て、「なるほどこういう手があるのか」と納得。
彼らがもらったのはスープとライスというシンプルなものだったけど、タダなら悪くはない。
しかし誰かの善意でごちそうになるならまだしも自分から食べ物を乞う事はしたくないのだが。

そんな事を思いながら歩いていたら、3台の車が止まり、水、スポーツドリンク、ポテトチップスを渡された。感謝。

COL2 (546)_R

彼らより先に歩き始めていたが、しばらく歩いたところで抜かれる。

COL2 (553)_R

さらに先で横になり昼寝をしていた彼らを横目に再び追い抜く。
ウサギと亀みたいだ。

COL2 (560)_R

結局1450メートル高度を上げ、最高地点は2250メートル。
1日でこれだけ上った事はあっただろうか?
そしてここから800メートル超の下り坂。

下り始めたところでまた2人に抜かれた。自転車にとって下り坂は頑張って上ったご褒美みたいなものだけど、徒歩だと別に嬉しくもなんともない。フラットな道が1番だ。


日没後だったが、何とか19時にCanasgordasに到着。
しかし消防署を探すも、この町にはないらしくアテが外れる。 
テント場所を求め、町外れへ向かっていたら「この先は危険だ」と首を掻っ切るジェスチャーをされ、町へと戻る。
警察署は宿泊拒否。どうしようもないので今日はホテルに泊まろうと宿探し。
意外にも12ミル(480円)と安く、ここに泊まる事を考え、外へ出れば、リヤカーの傍にはディエゴとセバスチャンの姿があった。

COL2 (566)_R

彼らも消防署のアテが外れたらしく、「今日はプラザにテントを張る」と言った。
プラザというのはしょぼいマーケットで、宿泊拒否された警察からもそこでテントを張るよう言われていた。
確実に安全でない場所に1人でテントを張りたくなく、そこへ行くのは避けたけど、彼らと一緒なら安心だ。便乗してプラザへ。

COL2 (570)_R

1450メートル高度を上げ、57キロ歩き、その後もテント設営場所を探し歩き、とても疲れた。