ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ノーパサポルテ

ノーパサポルテ 

ボートで一緒だったクナ族のおばちゃんが慌ただしく準備していたので「もうプエルト・カルティへ出航するの?」と尋ねると、「そうだけど、あなたは行けないよ。ノーパサポルテ」と言われた。他のおばちゃんも「そうだ、そうだ。ノーパサポルテ」と言った。


ノーパサポルテ・・・?
ノーパスポート…?
パスポートがない・・・?


「ドンデエスタ パサポルテ?(パスポートはどこにある)」と聞いてみると、「オバルディア」と返された。
この状況を即座に理解するのは難しかったが、船長との前日のやり取りを思い出す。

カルティ島に着いた後、その場に居合わせた中国人を介し、彼は何か伝えようとしていた。
中国語と日本語は全く別物だし、中国人の英語も拙いもので、内容はあまり理解できなかったが、「パスポートが警察にある」という事だけ分かった。
保安上の理由からこの島の警察にパスポートが預けられているのだと勝手に思い込んでいたのだが…。

すぐさま船長を捕まえ、「パスポートはどこだ?」と迫る。
彼の答えは「プエルト・オバルディア」。パスポートを忘れてきたらしい。



その後船長は警察を連れて戻ってきた。
この間におばちゃん達は別のボートで島を去っていった。

オバルディアからカルティ島まで7時間。
「今日中に持ってこれるのか?」と船長に尋ねると、「今日か明日」と彼は答えた。
前日オバルディアを発つ前に「パスポートを持っているか?」と何度も確認した事を伝えるが、船長曰く「自分は知らない」。ボートを操縦した男は「忘れたのはこいつだ。自分は関係ない」と責任転嫁。
こちらからしてみたら全く納得できない状況であり、支払った運賃の一部の返還を求めたが、彼は首を横に振り続けた。この後も返還を求め、さらに大揉めとなったが結局戻ってくる事はなかった。
若い警官が「今日中にパスポートが届くようにする」と言い、とりあえずこの場は収まった。


警察が間に入り、「島に滞在中の寝床、食事に関しては彼らが用意する責任がある」と言ったにも関わらず、この昼は一切の食事が出されなかったし、家主不在。
夕方さらに大揉めになった際、この事を警察に告げ、それ以降はレストランで食事ができるようになった。
足止めを食らったというのにボート代の返金もなく、当然ながら彼らの対応には不満しかない。
食事の支払いはすべて船長もちのツケだったので、朝食から夕食まで毎回コーラを頼み、ささやかな反撃をする。レストランの食事に関しては満足いくものだった。

GOPR2434_R.jpg

寝床は船長宅。
階上が宿になっているが、とても汚い。
数カ月も交換していないであろうシーツは中国で宿泊した最低レベルの旅社を思い出す。

バケツシャワーは浴びれたが、この島では主に太陽光発電で電力を賄っており、暇つぶしにパソコンのソリティアで遊ぶなんて事はできない。ハンモックで揺られながら、延々と退屈な時間が続く。

GOPR2360_R.jpg

この辺りの海は透明度が高く、泳ぎたいところなのだが、それはできなかった。
海上に突き出ているのは全てトイレ。
海沿いの家では海上に排便するわけで、こんなところで泳ぐわけにはいかない。

GOPR2339_R.jpg

便が海上に落ちた瞬間、魚が群がってくる。
ここの魚も食べたくないなと思った。

GOPR2466_R.jpg

あまり信用していなかったのだが、警察が「この日のうちに届く」と言ったパスポートは結局来ない。
どうやら警察の船で運ばれてくるらしい。
「翌日12時に来るだろう」と上官は言ったが、やはり来ない。

その際、「昨日は12時って言ったじゃないですか!」と彼に言ったが、「我々にコントロールする事はできないんだよ」と返された。
いや確かにその通りであり、彼らに落ち度は全くないし、本当に良くしてくれているので、時間の事を言うべきではないなと思った。しかしその後も何度か警察に足を運び「17時」「夜には来るだろう」と言われるも、船がやって来る事はなかった。

GOPR2486_R.jpg

ボートに乗った観光客がたまにやって来るような島であり、せっかくなので観光しようかという気になったが、15分もあれば回れてしまう島なので、どうしても時間を余してしまう。

同部屋にパナマ人がいて、彼もまたオバルディア行きボートが出るのを待っているとの事だった。その日数なんと10日。
10日もいてオバルディア行きボートが本当に出ないのか定かではないが、警察も3、4日に1便くらいと言っていた。
オバルディア到着翌日にボートがあったのは運が良かったが、彼らのボートに乗ったのは不運だったなと思う。

GOPR2512_R.jpg

カルティ島に3泊というのは予定外だったが、島に着いてから4日目の朝、警察へ行くと、「船が来るからここに荷物を持ってこい」と上官。
カルティ島からプエルト・カルティへは警察の船で行く事になっているのだ。

GOPR2509_R.jpg

お世話になったレストランのおばちゃんにも挨拶。

GOPR2525_R.jpg

ようやくやって来た警察の船。
そしてパスポートを受け取る。

GOPR2543_R.jpg

トゥルボから乗り継ぐこと4艘目はパナマ警察の船。
陸地では10人くらいの警察が待機しており、敬礼で出迎えた。
パスポートを忘れられるという不幸な日本人旅行者への労いなどではなく、カルティ島から上官を含めて3人の警察が船に乗っていたので彼らに対する出迎え。
「僕も同じように船がやって来るのを心待ちにしているんだ」と若い警官は話してくれたけど、久々の休暇で家に戻ったり、あるいはカルティ島での任期を終えたのだろうか。
家族も出迎えにやって来ていたくらいなので。

18034767_1803918609622083_320287635_n_R.jpg

後にその家族から送られてきた写真。
パナマ警察と不幸な日本人。