ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Panama city

Panama city 

Panama (331)_R

大陸本土に上陸し、パナマシティ南のパンアメリカンハイウェイより歩行を再開。
最初は広い路肩があったものの、すぐになくなる。中米の道が狭い事は聞いていたけど「歩きにくい」というのが率直な感想。

南米ではアルゼンチン以外、基本的に広い路肩があり、ストレスなく歩く事ができた。
毎日路上で10時間も過ごすのだから、ストレスなく歩けるか否かっていうのはとても重要。
道はイマイチだけど冷たい水を差しいれてくれたり、パナマ人に対する印象は良い。

Panama (334)_R

初日のテント。
何年テント生活をしても、治安が良くない南米でテントを張ってきても、新しい国での最初のテントは少し緊張するし、設営場所にも気を使う。

ハイウェイから死角ではなかったけど、見えにくい場所。
すぐに闇に紛れるはずだし、大丈夫だろう。そういう部分は経験が裏打ちしてくれる。
周囲には家など何もないところなのだが、日没後、ハイウェイ上に橙色の街灯が灯り、パナマの国力を見せられたかのよう。

Panama (337)_R

瓶コーラ1本45~50セント。
パナマに入ってから物価は上がり、南米で躊躇なく買っていた1.5リットルのコーラが買えなくなった。
パナマ入りしてから暑さは増し、休憩の度に商店へ駆け込み、冷たいコーラを飲む。
1.5リットルのものを買うより割高だけど、その都度冷たいものを飲んだ方がいい。

まったく食欲なく、とにかく喉が渇いた。
体が熱く、冷たいもので熱を冷ましたく、5本のコーラを飲む。


終盤は何度も足を止め、明らかに体調がおかしい。
暑いのは暑いけど、強烈な陽射しを浴びた記憶もない。しかし熱中症のような症状。
足を止め、どこかにテントを張りたい気分だけど、すでに都市圏に入り、テントを張れる場所などなく、歩き続けるしかない状況。

フラフラの体で日没前に何とかパナマシティに辿り着き、目星をつけていた宿へ向かうがベッドの空きがないという非情な宣告。その場にへたり込んでしまった。
闇の中、宿を探し回り、何とか投宿。
しかし体に力が入らず、荷物を運び入れるのも宿の人の助けを借りたほど。その後嘔吐。

Panama (382)_R

パナマシティでは2日滞在したけど、世界遺産の旧市街に足を運ぶ事もせず、ひたすら静養に努める。