ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- パナマシティ脱出

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナマシティ脱出 

Panama (403)_R

宿があった新市街は安全で、ビル群が建ち並ぶ様はシンガポールのようでもあったが、そこを抜ければ雰囲気は一転。
ごちゃごちゃとして生活感溢れ、何やら危険な感じでもある。
パナマシティのきれいな部分しか見ていないというのも何だかもったいなくも思えたけど、病み上がりだし別にいいやと思い交通量が少ない早朝に街を去る。
途中道に迷い、危なげな路地に入ってしまったが、足早に通り抜ける。

Panama (414)_R

しばらく歩いた先には大きな橋。地図を持っていないので「ドンデエスタ プエンテ(橋はどこですか)」と何度も聞きながらここを目指した。
片側2車線の道路だが、朝のラッシュで上り線の交通量が多く、下り線の1車線も上り線になっていた。

Panama (417)_R

橋の下は有名なパナマ運河。

Panama (423)_R

橋を渡った先には中国人のパナマ移住150年を記念して造られた公園がある。

そういえば海外で見かける中国人(華僑)って、もちろん例外もあるはずだけどけっこうな確率で純血な気がする。
ペルーやブラジルに渡った日系移民は現地人と結婚したり、3世くらいになると日本語を話せなかったり、日本人としてのアイデンティティを失っているケースもあるが、中国人同士なら中国語で会話をし、漢字の新聞が流通し、独自のコミュニティが築かれている。
中国人としての血を守ろうという意識が彼らの中にあるのならそれは本当にすごい事だ。

Panama (436)_R

パナマの個人経営の商店はほぼ中国人が経営している。
パナマシティなど大きな街に限らず、旅行者が訪れないような田舎の村まで。嫌な言い方をすればパナマの小売り、流通を牛耳っているのかもしれない。

パナマの人口比率における中国人の割合がどんどんと高まっていき、この先小売りだけでなく、国の中枢機関にまで入っていき、パナマを乗っ取ろうとしているのではないかと妄想してしまうくらい異様な光景に思えた。

Panama (434)_R

暑いのでサトウキビジュースで喉を潤す。

Panama (435)_R

暑さと体調不良で食欲がないのでオレンジを食べる。

Panama (443)_R

とりあえず次に目指すDavidまでは400キロ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。