ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Paso Canoas

Paso Canoas 



朋あり、遠方より来る。

中米を訪れている知人とDavidで会う。
この日は夜行バスで移動予定のため日中は時間があり、一緒に歩きたいとの事で22キロ歩いた。

IMGP0114_R.jpg

2009年以来、6万キロ超を歩いてきたが、海外を歩き始める前は日本を中長期的に、いや短期的にも1日歩き続けた経験すらなかった。
さすがに何の経験もないまま歩くのはまずいと仕事休みの週末に徒歩トレーニングを始めた。最初は20キロから始め少しずつ距離を延ばしていったが、普段全く歩かなければ20キロですらきつく感じられた。
そんな事を思い出しながらの休憩。

中国を歩き始めてからはインターネットの歩き旅サイトで推奨されていた1時間に1回の休憩をとり、足裏にまめができるのを防ぐため靴下は脱いで乾燥させるという事をしていたけど面倒ですぐにしなくなった。
歩行前後のストレッチもやらないし、歩くのに慣れてきてからは休憩の頻度も減っていった。
今となっては休憩の必要はなくて、足を止めるのは昼食時、写真を撮る時、誰かと話す時くらい。

IMGP0118_R.jpg

知人と別れた後、さらに10キロ歩いてテント。

IMGP0121_R.jpg

差し入れをいただいた。
パナマシティだけを見るならパナマは先進的で他人の事に干渉しないクールなパナマ人を勝手にイメージしていたが、パナマの人は親切でフレンドリーだった。

IMGP0127_R.jpg

コスタリカとの国境まで20キロ程なのでパナマ最後の夜となる。
近くの商店でビールを買い、お疲れさまディナー。ここもやはり中国人経営の店だった。


ここには2軒のガソリンスタンドがあり、裏には屋根もあったが小便臭いのでここで寝る気にならず。もう1軒の方にテントを張った。
夜は雨。フライシートを付けていなかったので、飛び起き、フライを装着するため外へ出た。
小便臭い中での安眠とどちらが良かったか。

IMGP0153_R.jpg

翌日、国境へ。
国境施設というのは基本周りに何もないのだが、ここはパソ・カノアスという町の中で2国が分断されている。
めったにないパターンなので面白い。

IMGP0168_R.jpg

地面に引かれた線が国境。
このすぐ前にはコスタリカの警察が立っていて、赤色のタクシーがうじゃうじゃいた。
コロンビアもパナマもタクシーは黄色だったので猛烈な違和感。
国が変わるのだという事をタクシーの色によって強く意識させられた。