ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ニカラグアへ

ニカラグアへ 

前夜テントを張った場所は湖の駐車場。
せっかくなので湖を見ておこうと思い、リヤカー、荷物を駐車場に残して湖へ行ってみる。
5分程で着くだろうと思っていたが、湖は一向に現れず。
人が全くおらず良いトレイルなのだが、駐車場に残してきた荷物がただただ心配。

一体いつになったら湖が現れるのか・・・。
戻る事も考えたけど、30分近く歩いているし、先へ進むべきか、戻るべきかとても微妙なところ。



少しでも早く湖に着くため走り、ようやく視界が開けた場所にあったのは湖ではなく川だった。
ワニがウジャウジャといた川。
ワニを目視できなかったが、川辺に近付くと危険なのは明らか。

どこでどう道を間違えたのかは分からないけど、ここからまた湖を探す気にはなれず、荷物を残したままの駐車場へと戻る。
往復1時間を要したが荷物が無事なのは良かった。

IMGP0761_R.jpg

再び橋を渡り、ワニを観察。前日より多い30頭のワニがいた。

IMGP0791_R.jpg

昼過ぎに海沿いに出る。

酷暑のコスタリカ。
飲料が尽き、何か買いたいが集落や商店はなく観光客向けのレストランしかない。
レストランで水を補給させてもらい、しばらく歩いたところで声をかけられた。

IMGP0793_R.jpg
IMGP0794_R.jpg

観光客相手にピーナッツなどを売っている男性でジュースとパンを差し入れてくれた。
恐らくレストランで水だけもらっているところを見られ、不憫に思われたのだろう。
このおじさんも決して豊かな生活をしているようには見えないのだが、その気持ちがとてもありがたかった。

IMGP0799_R.jpg

Palma Norteから広い路肩の快適な道が230キロ続いていたが、夕方遂に終わる。
バスやトラックも多く、真横を通過していく。うんざりとしか言えない。
道脇の茂みの中にテントを張る。

IMGP0827_R.jpg

しかし鬱蒼とした緑の中の道は歩いていて気持ち良い。

IMGP0858_R_201708080402494fe.jpg
IMGP0869_R.jpg

頭上を見上げればここで暮らすサル。

IMGP0829_R.jpg

問題は雨。毎日の様に雨が降るが、屋根付きのバス停が点在しているのはとても助かる。
雨宿りをしていたら、雨の中を走る欧米人サイクリストの姿があった。

なぜこの強い雨の中を走るのか・・・?
急ぐ必要があるのか・・・・?

雨の中歩きたくないので1時間40分の雨宿り。
歩行距離が思うように伸びないので、50キロは歩きたいと意気込んでいたが、歩行開始から間もなく足止めを食らった。うまくいかない。

IMGP0878_R.jpg

夕方、バックパックを背負った中国人風の男が前方から歩いてきた。
「こんなところに旅行者とは珍しい」と思っていたら、向こうから声がかかり、日本人だった。
グアテマラから歩いてきたらしい。

この町で歩行終了するつもりだったので、彼を誘いガソリンスタンドの敷地にテントを張った。
リヤカーなど荷物の運搬道具は用いず、バックパック一つだけ。
もちろん軽量化が必要なのでテントに寝袋、最低限の衣類しか持っていない。カメラもパソコンも持たずスマホのみらしい。

観光は全く興味なし。GPSが導く最短ルートを歩き、いかに早く目的地に着くかを考えているようで、同じ徒歩行でも自分とは別物。
スポーツと考えたら納得できるのだが、共感できる点はあまりなかった。
ただ歩くのが好きだという事は伝わってきた。

道路状態についての情報を交換し、20キロ先から広々とした路肩になる事が判明。
その後リベリアから国境まではまた道が狭くなるとの事だ。

IMGP0896_R.jpg

翌朝、雨のため、予定より1時間遅れての出発。


IMGP0902_R.jpg

ちょうど20キロ、Canasに入ったところから道が広くなる。
ここからリベリアまでの50キロはボーナスステージ。

IMGP0904_R_201708080403194ec.jpg

スーパーで食料購入。
このスーパーの駐車場には警備員が常駐しているので安心して買い物できる。

IMGP0913_R.jpg

ケポスを出てからの4日、50キロも歩けてなく、毎日のように今日こそはがっつり歩こうと思うのだが、結局この日も48キロで歩行終了。
雨をしのげる橋下はテント設営場所として悪くないけど、先日川でワニを見たばかりなので不安がわずかにある。

IMGP0927_R.jpg

昼前にリベリア到着。
コスタリカでは首都サンホセにも寄っていないし、通ってきた町はどこも小さかった。
マクドナルドをコスタリカで初めて目にする。
調べてみたらリベリアはグアナカステ州の州都でコスタリカで8番目に人口が多いらしい。8番目といっても5万人足らずだけど。

IMGP0943_R_20170808040324daf.jpg

リベリアを出てからは再び道が狭くなり、さらには長い工事区間が続く。
雨が降り始めたが、バス停など雨宿りできる場所はなく、強い雨に打たれながら歩く。

何かしらあるだろうと思っていたが、集落、商店など全く何もない。
リベリアで4リットルの水を補給していたが、残り2リットルになり、これで夕食、翌日までの飲用として賄わなければならない。

IMGP0946_R.jpg

工事区間を抜けるまで歩き続け、久々にガッツリ63キロ歩けた。コスタリカ最後の夜は茂みの中だった。
水が限られているので米は炊かず、ラーメンのみ。残りは飲用に回す。

翌朝4キロ歩いたところに水場が現れた。
ここまで歩けばよかったと少し悔やむ。

IMGP0956_R.jpg

36キロ歩き、国境到着。