ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- ホンジュラス3日目
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンジュラス3日目 



ホンジュラスでも日本の支援で造られた橋を何度か目にした。

IMGP2027_R.jpg

路面状態は前日に比べたらましだけど、路肩はやや狭い。

IMGP2032_R.jpg

ニカラグアから物価が下がったため、自分で昼食を用意する事もなくなった。
昼時のタイミングで食堂が現れるわけではないので、どのタイミングで昼食をとるのか判断が難しい。
常に食事をとれる場所があるとは限らないので、食堂などが現れなければ空腹のまま歩くしかない。
少し早い時間だったが、次の町まで距離もあるし、タコスを食べておく。

水を補給させてもらおうと思ったが、「飲用できる水はない」との事。

IMGP2038_R.jpg

すると隣の自動車整備工場から声がかかり、ミネラルウォ―ターをくれた。
今日もホンジュラス人は優しい。


食後、歩行再開するも、とにかく暑い。
これ以上歩くと危ないと思い、木陰で横になる。

IMGP2044_R_201708090127233d8.jpg

直射日光を浴びた温度計は40度を指していたが、実際の気温は37度。
この辺りが暑さに耐えられるかどうかのライン。
過去に何度か熱中症を経験していて、数日体調が悪くなり、歩けなくなる事は十分分かっているので無理はしない。
無理したつもりはなかったパナマでも同様の症状になってしまったから何とも言えないのだけど。

その後Nacaome通過。少しでも国境に近付くべく、歩き続けた。
夕方、水場が現れ、水を汲んでいる人がいたので、タンクを持って行くが、「飲めない」と教えられた。
するとそれを見ていた工事現場の作業員が水をたくさんくれた。

IMGP2061_R.jpg
IMGP2060_R.jpg

グラシアス。

ネガティブな印象と不安しかなかったホンジュラスだが、人の優しさを感じる事が多く、世界で最も殺人発生率が高いという事実を信じる事ができない。
この国に対する印象は良い意味で裏切られている。


なかなかテント設営場所が見つからないまま歩き続けていたら雨に見舞われた。
雷を伴い、かなり激しい。
バーの前で雨宿りをさせてもらうも、どんどんと時間は過ぎていき、雨が止む頃にはすっかり暗くなっていた。
今夜はどうしようと不安を覚えたが、またまた救いの手が差し伸べられ、隣接する家の屋根下にテントを張らせてもらう。

IMGP2072_R.jpg

ホンジュラスの人には本当に助けられてばかり。
わずか130キロ歩くだけでは物足りず、もう少し歩いてみたいという気持ちも芽生えたが、翌日は予定通り20キロ先のエルサルバドルへ向かう。

そういえば2010年にイスタンブール滞在中、サッカー・トルコ代表の試合を観戦したが、相手はホンジュラスだったと唐突に思い出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。