ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Jocoro
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jocoro 



国境まで20キロ、ホンジュラス最後の歩行。
もう少し歩きたかったなと後ろ髪を引かれながら国境へ。

IMGP2083_R.jpg

数台のバスと同じタイミングで国境に到着したので長い列ができていた。
こんな時に心配なのがリヤカーと荷物。
怪しげな両替商がうろうろとしているのでリヤカーごと建物の中に入れる。

IMGP2103_R.jpg

そしてエルサルバドルへ。
ホンジュラスが長い列だったのに対し、こちらは前に1人いるだけで、あの列は一体何だったのかと思う。
ホンジュラス入国時もニカラグアは人がいないのに、ホンジュラスでは並ばされた。
人を捌くのが下手なのかもしれない。

IMGP2112_R_20170809073410833.jpg

数年前、知人のサイクリストが首都サンサルバドルで身ぐるみ剥がされ、ボコボコにされたという事件があったので、中米の中で最も不安を感じているエルサルバドル。

外務省が出している安全情報を読めばとても歩きたいとは思えない国だけど、ここ最近通過した何人かのサイクリストの話だと総じて「ノープロブレム」。
徒歩で南北アメリカ大陸縦断した例もいくつかあるが、エルサルバドルで事件に巻き込まれたという話は聞かない。
全ては運次第か…。


エルサルバドル入国後、Jocoroという町を目指すが、上りと暑さで体がきつい。
商店が点在し、冷たいものを買える事は救い。
中米では袋に入った水をよく飲んでいるが、0.5リットルの水2つで25セント。

終盤はきつかったが、17時半、Jocoro到着。
消防署があればテントを張らせてもらうつもりだったが、ここに消防署はなく、ガソリンスタンドもテント拒否。
ホンジュラス同様、ガソリンスタンドに銃を持った警備員が常駐しているのを見ると、この国の治安の悪さを物語っているようで不安になる。
その後覆面で顔を隠した4人の警官が男を尋問していて不安は増長される。
日没は近いし、酷暑の歩行で体は疲弊している。

あとどれだけ歩けるだろう……
今夜はどこで眠るのだろう……

しばらく歩くとレストランがあり、その裏には広い敷地があった。
テント設営のお願いをしてみれば、この土地の所有者に連絡してくれ、なんとかテントを張る事ができた。

IMGP2122_R.jpg

レストランにて夕食。
味のないドリトスの上に肉やチーズが載せられたもの。
多分メキシコ料理。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。