ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Volcan Fuego
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Volcan Fuego 

夜1時過ぎ、建物の揺れに気付き、目を覚ました。
暗闇の中、ミシミシと嫌な音が響く。
じっと息を潜め、揺れがおさまるのを待ち続けた。

グアテマラの建物はレンガを重ねただけの簡素なもので、日本の耐震基準を満たしたものなどないに等しい。
「ここにいて大丈夫なのだろうか」
揺れが鎮まった後は猛烈な不安に襲われた。
すぐにでもこの宿を出て、どこかにテントを張った方が安全じゃないかと思った。

IMGP2804_R.jpg

アンティグアはかつてグアテマラの首都だった。
しかし1773年、大地震により町の大部分が破壊され、遷都されたという歴史を持ち、大地震から250年近く経った今でも崩壊した教会や修道院が放置されたままだ。

20年超グアテマラで暮らしている宿の主人曰く「グアテマラに来て以来最も強かった」という今回の地震はマグニチュード6.9。
さらにその1週間後にもマグニチュード6.8の地震があった。



地震は火山噴火を誘発すると言われ、その関係性は深い。
だからかアンティグア近郊にあるフエゴ火山は活発で、町からも噴火を見る事ができる。

IMGP5228_R_20170903232359c91.jpg

フエゴ火山の隣のアカテナンゴ火山に登れば、噴火を眺める事ができ、連日ツアーが催行されている。
アンティグアを訪れる前からフエゴ火山の噴火を間近で見る事を楽しみにしていたのだが問題は雨季という季節。
天候が安定しないこの時期に満足いく噴火を見る事はできるのか……。

とりあえず行ってみないと分からないので、ツアーには参加せず、1人でテントを担いでアカテナンゴ山に登ってみる。

IMGP4638_R_2017090305552176e.jpg

約5時間歩いた先でフエゴ火山とご対面。
モクモクと噴煙を上げる迫力ある噴火を見れたものの、夜間はガスに包まれ視界不良。
時折轟音と共に真っ赤な光が見えるのだが、イマイチ。

IMGP4778_R_20170903055523bb4.jpg

翌朝、天候が回復するのを期待したが願いは届かず。
雲海は美しいのだが、正直雲海なんて富士山で飽きるくらいに見てきたし、サンライズも火山も見えず、消化不良のまま下山する。

復路は道を誤ったため、2時間以上も時間をロスしてしまった。
やはり個人で来るとこういうのが怖い。
後日またアカテナンゴに登る事になるのだが、この道を間違えた場所には2つの道があり、正規ルートは狭く、広い道が誤ルート。何も知らなければ広い道の方を選んでしまうはず。看板もなくとても分かりにくい道だった。

IMGP5275_R.jpg

2度目の登山は天気予報をチェックし、絶好の登山日和の日を選ぶ。
今回は3976メートルの山頂まで登った。

1月に山頂でテントを張っていたグループのテントが強風によって飛ばされた。
雨に打たれた彼らの体は瞬く間に冷え切ってしまい、6人が低体温症で亡くなるという事故があった。
キャンプ場にテントを張るか、山頂に張るか、悩みどころだったが、危なそうなら引き返すつもりで山頂へ。キャンプ場から山頂への最後の500メートルの道がきつかった。

IMGP5321_R.jpg

1月の事故の後、雨風をしのげる避難小屋が設置されていた。

IMGP5401_R.jpg

テントを張れるだけのスペースがあったので、小屋の中にテント設営。
外に張るのとでは寒さが全然違うし、夜は雨が降ったので、救われた気分。
夜間の噴火を眺めるため、外へ出ようとしたが、2メートル先は見えないくらいに視界は悪い。
小屋の場所を見失う事はないと思うが、ライトで周囲を照らしても灯りが届かない。
山頂はそこそこ広いため、小屋へ戻る事が難航しそうだったため、外へは出ず。

IMGP5088_R.jpg

翌朝、視界が回復していたので外へ出てみると、轟音と共に噴出されるマグマを見る事ができた。
噴火を眺めながらサンライズを待っていると、続々とツアー客がやって来た。

IMGP5196_R.jpg

そして日の出。

IMGP2395_R.jpg

すっかりフエゴ火山の魅力に憑りつかれてしまい、その後もアカテナンゴに登り、計4回ここを訪れた。
3、4回目は夜間の噴火を見る事ができ、寝る間を惜しんでフエゴ火山を眺め続けた。4回目にいたっては雲やガスに覆われる事がない絶好の条件下だったので、昼過ぎにキャンプ場に着いてから深夜2時まで12時間も火山を見ていた。

これだけ登ればルート上のどこに何があり、どこが最もきつくて、楽か、携帯すべき水の量など把握しているし、登山のペースもかなり早くなり、現地人ガイドには名前と顔を覚えられるまでになった。

同宿の旅行者からは「なぜそんなに?」と尋ねられるのだけど、フエゴ火山に魅せられたからとしか言えない。あるいは地球の鼓動にはまってしまった火山ジャンキー。

アンティグアにいてもフエゴ火山の方に顔を向ける事は多いし、毎日天気予報をチェックしている。

IMGP2629_R.jpg

間違いなく中米のハイライト。
南米も合わせてこの感動を超える光景があるとしたらペルーのワスカランくらいしか思い浮かばない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。