ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 雨季のメキシコでは屋根下にテントを張りたい

雨季のメキシコでは屋根下にテントを張りたい 



4キロ歩いたところに食堂があったので食べておく。
食べれる時に食べておかないと、メキシコでは食いそびれてしまう。
実際昼には何も現れず、持っていたトルティーヤに豆ペーストをつけて食べただけだった。

IMGP5722_R.jpg

メキシコに入ってトルティーヤが薄くなった。
グアテマラの3分の1くらいの薄さ。

IMGP5732_R.jpg

そしてなんと機械化されている。
ここが特別なのではなく、度々目にする光景。

IMGP5736_R_201710020605464ff.jpg

1時間も歩けば早くも太陽が照り付けてきて、「また暑くなるのか」とうんざり。
しかし前日程の酷暑ではなく、順調に進む。やはり前日の暑さは異常だった。

IMGP5742_R.jpg

延々と何もない中現れた待望の商店でコーラを買う。

IMGP5745_R.jpg

冷たいビールを差し入れてくれました。

IMGP5750_R.jpg

後方を振り返れば「これ絶対雨が降るだろ」という感じのどんよりとした雨雲が迫っていて、今夜は屋根下にテントを張れるのだろうかと不安を覚えながら歩いていたところ、素晴らしすぎるタイミングでイミグレーションの建物が現れた。
建物横には小さいながらも屋根があり、テントを張らせてもらう。
その後、激しい雨が降ったものの、最低限の濡れで済んだ。

IMGP5755_R_201710020605530c8.jpg

歩行再開後最長の53キロを歩く。