ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- Marilu
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marilu 

前夜は強い揺れではなかったものの地震で目を覚ました。
テント泊なので建物の中にいるよりは安全だと思うけど、毎晩雨が降るのでテントは屋根下に設営。なので100パーセントの安全はない。
テントが雨に濡れても30分もあれば乾くはずなので、本当に地震が怖ければ、屋根下などに張らなければ良いだけの事なのだが、やっぱり雨に濡れるのって嫌なので、リスクを覚悟で屋根下にテントを張り続けている。

プエブラで発生した地震の犠牲者はメキシコ人だけでなく、外国人も含まれているという報道を目にした。
別に悲観的になっているわけではないけど、いつどこで何が起こるか分からない。
毎日を丁寧に大切に生きたいなと思うようになった。

今歩いている道も単調で退屈な景色だけど一生に一度の景色に違いないし、歩行中に出会う人も一生に一度の出会いなのだ。
そう考えると退屈だと思っていた景色も違って見える気がする。



だからか知らないけど道脇で咲く花にカメラを向ける事が増えた。
実際きれいだし、良い気分転換になるのだけど。

IMGP6100_R.jpg

町の市場でタコスを食べる。
2つじゃ物足りないけど、4つも食べればまあまあ満足。
1時間程足を止めている間に一気に暑さが増した。

IMGP6107_R.jpg

コンビニで冷たい6リットルの水を買い、荷台に積み込む。
とにかく暑く、体がだるく、重く、何度も休憩をとった。
50キロくらい歩くつもりでいたけどこの暑さと体調では無理っぽい。

IMGP6120_R.jpg

無理してもしょうがないので、Mariluという村で早々に歩行終了。
39キロしか歩けず。

IMGP6130_R.jpg

小さな商店脇にテントを張らせてもらったのだけど、日曜日という事で村の男達が集まりビールを飲んでいた。
1リットルの大瓶15本くらいをすでに開けていて、「一緒に飲まないか」と顔を赤らめた男からお誘いをいただく。

IMGP6125_R.jpg

肴は卵。
ピンポン玉みたいにやわらかい。
見た事ある卵だなと思い、「ウミガメの卵ですか?」と訊いてみると、「そうだ」との返答。
「食べてみろ」と促される。

遠い海から産卵のためやって来て、穴を掘り、涙を流しながら卵を産むウミガメの事を想うと申し訳なさを感じたが、好奇心の方が勝った。
おじさん達が食べるのを見て、同じ様に殻を少し破り、そこにライムと塩、ピカンテをつけて卵を啜る。
茹でられているので温泉卵のようにトロトロ、悪くない味だった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。