ブックマーク
ALKINIST -あるきにすと- 未分類

一国三景、時々二景、稀に一景 

■エジプト


DSC_2608_R.jpg
DSC_2374_R.jpg

当初予定していたルート上で1カ月半前に武装グループによって軍の検問所が襲われ21人の兵士が死亡した。
そんな事を知ったのが日本を発つ3日前。同ルートを歩くのはリスクが高く、歩行を制限される可能性もある。急遽別ルートを探し、東方砂漠を南下する事に。


■スーダン

DSC_3448_R_2015072104285224a.jpg

砂漠での出会いは11月。
バイクのオランダ人は大晦日、ミニクーパーのデンマーク人は2月中旬にケープタウンに到着したとの事。3日後にはサイクリストと出会い、彼らは4月にケープタウン着。
さらに3ヵ月半遅れてリヤカーはケープタウンに達した。

DSC_3652_R_20150721042823c4f.jpg
DSC_3908_R_20150721043032caa.jpg

飲料水。


■エチオピア

DSC_5403_R.jpg
DSC_6198_R.jpg
DSC_7321_R.jpg

2カ月半と最も長く滞在した国。
チャイを飲んでいた時、テントを張っていた時などなど、常にたくさんの人に囲まれる。
「マネーマネー」と欲望剥き出しの子供達には何度も石を投げられ、毎日の様にキレていた。
少数民族が暮らす南部はとても面白く、良くも悪くも人間が印象だった国。


■ケニア

DSC_8721_R.jpg

エチオピア・ケニア国境

DSC_8760_R.jpg
DSC_8921_R.jpg

最も過酷だったトゥルカナ湖ルート。
あまりに暑いので10時以降は歩く事ができず、木陰で横になるが、陰にいても温度計は40度を表示。直射日光下だと50度。
絶えず熱風が吹き付けるので、体力を奪われ、全く休憩にならない。
砂漠の様に深い砂の中にタイヤが埋まり、20キロも歩けない日が数日続く。


■ウガンダ

DSC_9315_R.jpg
DSC_9749_R.jpg

赤道を通過。南半球へ。

newtopia (470)_R

アフリカで最も長居した場所はニュートピアという小さな孤児院、学校だった。


■タンザニア

DSC_1792_R.jpg
DSC_1977_R_20150722031529115.jpg

タンザニアでは雨季につかまった。
キリマンジャロやザンジバル島、サファリツアーなど観光地とは無縁な中央部を縦断。
約500キロの未舗装路があり、降雨後にはぬかるみ、大きな水たまりができる。
タンザニアのドライバーは歩行者がいようがスピードを落とす事なく水たまりの中に突っ込んでいく世界最低レベルの運転マナーだった。


■ザンビア

DSC_2505_R.jpg
DSC_3033_R.jpg

変化の乏しい退屈な景色と野生の象。


■ジンバブエ

DSC_3296_R.jpg

象の恐怖は続く。親切な人が多く再訪したい国。


■ボツワナ

DSC_3911_R_2015072203121274d.jpg

ザンビア以南の歩行は面白いものではなかったが、ボツワナもまた同じ。
「肉食獣が生息するので歩くのはやめた方がいい」という現地人の助言に従い、アフリカで最も楽しみにしていたボツワナ北部を回避。
歩いているとやたらと車が止まり、声をかけられた。ボツワナ人への印象もすこぶる良い。


■南アフリカ

DSC_4278_R.jpg
DSC_4338_R.jpg

田舎はのどかなのだけど、無事に歩けるか否か、全ては運次第。
アフリカは思っていたよりずっと安全だったが、南アフリカの治安は噂通りのものだった。


アフリカでの総歩行距離は11000キロ。
エジプト~ウガンダ、タンザニア~南アフリカの距離はほぼ同じなのだが、ウガンダまで6カ月半をかけて歩いたのに対し、タンザニア以南は4カ月で歩き抜いた。

南部アフリカは延々と舗装路が続き、インフラも整っており、大型スーパーにはモノが溢れている。
おかげでパンクの回数も減ったし、ホットシャワーを浴びる事ができるし、水だって透明だ。スーパーに入る度に心が躍るのも確かだけど、楽すぎて物足りない環境だった。
どちらが楽しかったかというのは言うまでもない。

本ができました! 

book.jpg

拙著『リヤカー引いて世界の果てまで』発売10日前なのですが、幻冬舎の編集の方より見本をいただきました。
原稿執筆を進めつつも本になるという実感はなかなか涌かなくて、ゲラが届いた時、アマゾンで予約が始まった時、少しずつその実感を嚙みしめていたけど、ようやく本という形になりました。
この旅に、出版に関わってくれた皆様、改めてありがとうございます。

アマゾンでも予約受付中です→こちらからどうぞ!

幻冬舎より出版 

DSC_0037.jpg

徒歩による地球一周の旅の経験をまとめた「リヤカー引いて世界の果てまで地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅」を7月3日に幻冬舎より上梓します。タイトルながっ!
文庫本という体裁なので¥702 とお求め安くなっております!

アマゾンでも予約受付中です→こちらからどうぞ!

動画 

■オーストラリア(Australia)





■東ティモール(Timor Leste)





■タイ・カンボジア国境(Cambodia)


アルピニスト 

昨日は休みだったのだけど、強い雨が朝から延々と降り続けていて、結局引き篭りデー。
宿から一歩も出ず、備蓄食料で飢えをしのぐというなかなか悪くないナイスホリデーでした。
ちなみに宿から一歩も出ないのは2週連続です。引き篭りバンザイ。

で、ベッドに寝転がって、トランクスに穴があいてるんでユニクロみたいな安い店はないかとか、今後のルートとか、北米後のことだとか調べたりして、1日を過ごしておりました。
そんな中、とあるところから懐かしい日記を発見したのでここに転載しておきます。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



ken-noguchi_R.jpg

野口健さんの講演へ行ってきました。
第12回「植村直己冒険賞」授賞式・記念講演会@日高

式の前に立ち寄った植村直己冒険館。
そこに掲示されていた植村さんのメッセージを思わずメモしてしまいました。
思い切り素通りしたのですが、何かに引きつけられるかのようにまたその場へ戻り、気が付けばそこに掲示された言葉をメモしていました。
そして偶然にも野口さんが講演の中でそのメッセージに触れられたので以下記しておきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・


植村直己のメッセージ(ミネソタの子どもたちへ)

君たちに僕の考えを話そう
僕らが子どもの頃、目に映る世界は
新鮮で、すべてが新しかった
やりたい事は何でもできた
ところが年をとってくると疲れてくる
人々は諦めみんな落ち着いてしまう
世界の美しさを
見ようとしなくなってしまう
大部分の人は、夢を失っていくんだよ
でも、僕はいつまでも子どもの心を
失わずにこの世に生きようと思う。
不思議なもの、
すべての美しいものを見るためにも・・・
いいかい、君たちはやろうと思えば
何でもできる
僕と別れた後も、
その事を思い出してほしい
やろうと思えば何でもできるんだ

1983(昭和58年)「ミネソタ・アウトワード・バウンド・スクール」参加にて(植村直己42歳)



・・・・・・・・・・・・・・・・


来賓として来られていた松浦輝夫さん(植村さんと共にエベレスト日本人初登頂を果たした方)と握手、一緒に写真を撮っていただきました。感激。
70歳を超えられていますが、山の男という感じの厚い手でした。
今夜、久々に本を読み返そうと思います。

野口さんとも握手。澄んだ綺麗な目をしていました。
石原良純に似ていました。

日本を代表する3人の偉大なアルピニストから力を頂けたような気がします。
いい刺激になりました。

また明日からがんばろう。


(2008年6月7日)

中国を徒歩横断したドイツ人の動画 

オタワでの生活は特に書く事もないのでお気に入りの動画を紹介しておきます。
北京からドイツまで歩いて帰ろうとしたドイツ人の中国徒歩横断中のヒゲの成長記録。
何それって感じなのだけどその言葉通りです。見れば分かる。
くだらないけどこういうのは大好きですね。グレイトおすすめ。

ハミやピチャン、トルファン・ウルムチ間の乱風など、懐かしい景色もあり、中国が恋しくなった時、まずはこの動画を見ております。
ちなみに彼は事情があってドイツまでの歩行は断念したらしい。

ぜひご紹介したいワールドウォーカーがもう一人いるのですが、それはまたいずれ。


新規スポンサー獲得 

cascadedesigns.jpg

THERM-A-RESTなどで有名なアウトドアメーカーCASCADE DESIGNS よりご支援いただける事となりました。
日本の販売代理店ではなく、アメリカの本社からのご支援です。
ありがとうございます。